明徳を明らかにするとは(龍馬のお墓は人でいっぱいでした。)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
水曜日は京都にて社長塾でした。
(キャンセル待ちで入れなかった方々にはお詫びします。)

画像 004.jpgのサムネール画像のサムネール画像
(社長塾にて講義をされる伊與田先生)

小雨の中、坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓参りをしましたが、
傘をさして大勢の人が来られていました。

2)
丁度、会場の霊山歴史館の正面ですから、
伊與田覚先生の講義を聴きながら、参拝する姿が外に見えます。
NHKの龍馬伝の影響でしょう、小雨の中、賑やかでした。

3)
先日は、霊山歴史館にも一日2500人が訪れ、
テンヤワンヤで記録的だったそうです。
パナソニック株式会社の谷井昭雄元社長も
お顔を出されていましたが、
霊山顕彰会の会長をされているだけに喜んでおられます。

4)
伊與田覚先生の後に続いて、大学と論語の素読から始ります。
初めての方々も「もつれることなく」ご一緒に素読ができました。
私に勧められてシブシブ参加されていた方も、
帰りにはお礼を言われました。

「田舞さん、無理に誘ってくれてありがとうございました!」

5)
人間が立派になるには、
 1.明徳を明らかにする
 2.民に親しむ(社員やお客様を愛する・社員を新しくする)
 3.至善にとどまる
この3つのことが大事ですが、
伊與田覚先生は明徳に関して講義されました。

6)
徳には二種類あり、
玄徳とは表面に現れないで目に見えない徳(老子が好んだ)
明徳とは表面に現れて目に見える徳(孔子が好んだ)

昨年の伊與田覚先生は、
明徳とは太陽のようなものであり、
その周りに雲(私心)がかかって、
見えなくなっている状態が我々だと述べておられました。

7)
私のまとめは、昨年の伊與田覚先生の話をしました。
可能思考研修基礎コースで、
価値と固定観念(私心)の話をしますが、
まさに明徳とは可能思考能力のことでもあり、価値と可能性です。

ところが、その価値と可能性を妨げるものがあるのです。
図にしながら観念(私心)との因果関係をまとめましたが、
可能思考研修受講の方々は納得されていました。

8)
また、明徳を明らかにすると明確なビジョンも見えます。
明徳とは太陽のようなものですから、ビジョンがないのではなく、
一人ひとりの心に雲がかかっているのです。
是非、10年後を考える
ビジョン経営沖縄セミナーで雲を払いのけましょう。

9)
特に質疑応答が学びになりました。
質問に対する伊與田覚先生のお答えに
大爆笑になる場面もありました。
実に和やかに第一講座が修了しました。

10)
第二講座はパナソニック株式会社・谷井昭雄元社長の下で、
副社長をされた平田雅彦さんの石門心学の講義でした。

石田梅岩の紹介から、
企業倫理にはじまり、
顧客満足や従業員満足まで講義をされました。

11)
石田梅岩の都鄙(とひ)問答とは、
都会の人と、
鄙(ひな)びた農村の人の問答ですが、
そのエッセンスを話して頂きました。

伊與田覚先生の講義とつながっており、
皆さん熱心に聞いて下さいました。

12)
終わった後は、京大和という京料理の料亭で食事をしました。
坂本龍馬の三回忌をした部屋であり、
武市半平太、久坂玄瑞、桂小五郎、井上馨、他の密談の部屋です。
4人での会食でしたが、
次回からグループごと日創研がお招きします。

13)
さて、話は変わりますが、4月17日の東京センターを皮切りに
各センターで「理念と経営」経営者の会特別勉強会を開催致します。
もちろん、参加費用は無料です。

タイトルは【智恵は現場にあり、と申します。】です。
「背戸編集長が語る心から感動する会社!」
というサブタイトルがつきます。

14)
1.日本経済の足腰を支えている中小企業の情報
2.そこで働く人たちの夢にかける情熱とプロセスのストーリー
3.取材企業の現場で学んだ、人を感動させる日本人の
 経営哲学などの生の取材現場を話されます。

奮ってご参加ください。

15)
経営は人間の営みです。
経営とは改革の積み重ねです。
改革を進めるのは人間です。

だから、リーダーとしての資質向上は、
避けて通ることのできない重要な問題です。

16)
編集者生活40年、編集者として、
作家の開高健、司馬遼太郎、松本清張、水上勉から
多大な影響を受け、
かつ、創刊して5年、月刊『理念と経営』取材の現場から、
背戸編集長が学んだことは・・・何か?

17)
1.背戸編集長講演
2.ディスカッション1
  普段とは違うメンバーと熱くディスカッション
3.ディスカッション2
  活性化している事例を発表
  パネルディスカッション形式で活性化のための意見交換

18)
【日程】
 4月17日(土) 東京センター
 5月29日(土) 広島営業所
 6月26日(土) 大阪センター
 8月 7日(土) 名古屋センター
10月 9日(土) 福岡センター
11月27日(土) 札幌センター

【時間】13:00?17:00
下記のアドレスから申込用紙がダウンロードできます。
⇒ http://www.rinen-mg.co.jp/executive-study_sp.html

19)
昨日は木野親之先生の経営問答塾でした。
木野親之先生も迫力満点であり、
10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーを楽しみにされています。
なお、沖縄ではオプショナル・ツアーがあります。

ビジョンを実現した夢のような事例企業の見学です。
私は行きましたが、世界にないビジョン経営をされている会社です。

ビジョン経営とはこういうものか?
希望者は、その模範会社を見学できます。

田舞徳太郎

▼ビジョン経営沖縄セミナーの動画を公開中

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年3月26日 09:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今は、とにかく「強くて良い会社を創りたい」の一念をもつこと(ビジョンを持とう)」です。

次のブログ記事は「ビジョンと企業成功の条件(木野親之先生と片方善治先生に共通するもの)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。