ビジョンがあれば誰でも人は強くなれます(6時間セミナーに思う)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
先週の木曜日が千葉経営研究会、
土曜日が尾張経営研究会の6時間セミナーでした。
体調も良く、大変元気に講義しました。

2)
景気が上向きになっていることをいくつかの事例で上げ、
だから、早く人財育成を行なうように講義しました。
月刊『理念と経営』や13の徳目や
カレンダーの活用方法も話しました。

3)
ディスカッションして頂きながらですから、
非常に分かりやすく、理解されやすい6時間だったと思います。
最近は13の徳目朝礼が業績アップにつながり、
人間力・考える力・仕事力・感謝力の育成に
相当お役に立っています。

4)
千葉では多くの参加者が、
「理念と経営」社内勉強会や13の徳目朝礼を
されているようです。
皆様方も、経営感覚を持った人財を育てるためにも、
是非、日創研の色々な教育ツールをご活用ください。

5)
特に今回は、
 1.やる気(可能思考教育)
 2.やり方(職能教育)
 3.やる場(自社内)
 4.評価する(褒める・叱る)
 5.人財(経営感覚をもつ)
 6.業績が上がる
この好循環型の教育に関して詳しく講義しました。

6)
やる気は可能思考能力を引き出すことになりますし、
やり方は
 1.マネジメント養成6か月コース
 2.成功発想塾
 3.業績アップ6か月特訓
 4.業績アップ上級コース
 5.経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)
 6.ビジョン経営沖縄セミナー
 7.企業内マネジメントコーチングセミナー
そのほか30ほどの教育カリキュラムがあります。

7)
やる場づくりが、
 1.「理念と経営」社内勉強会
 2.「理念と経営」経営者の会
 3.『理念と経営』カレンダー
 4.『理念と経営』カレンダー解説本
 5.13の徳目朝礼
 6.その他

8)
評価は、賃金で評価するのではなく、
承認する、叱るの二つしかありません。
つまり、
 1.やってみせ
 2.言ってきかせて
 3.させてみて
 4.褒めてやること
これが大事なのです。

9)
そのために評価は、
 1.ありがとうカード
 2.「ありがとう卓越経営大賞」での推薦
 3.「心に残るありがとう体験談」の表彰
そうしたことを日本創造教育研究所では準備しています。

10)
今回は懇談会が良かったです。
単に食事をしたり飲んだりして語るのではなく、
私の講義が終わると20分で食事を終え、
10分のディスカッションで
「今日学んだこと」をまとめさせるのです。

11)
私は講師控室で30分のお時間をもらい食事を取り、
その後1時間の質疑応答です。
非常に「ケジメ」のある6時間セミナーでやりごたえがありました。
私自身がスカッとした気分で帰りました。

12)
土曜日は尾張経営研究会でしたが、
終了後、14日ぶりに自宅に帰り、ハリ治療をしました。
二か所の経営研究会の皆様に心から感謝を申し上げます。

13)
特に、仕事のできる人財育成をどうするのか?
その具体策を述べました。
日創研で可能思考能力を磨き続けなければなりません。
可能思考研修の基礎コース(SA)、
変革コース(SC)、実践コース(PSV)を終えて
「できる思考」になった方々が、
「理念と経営」社内勉強会をしたり、13の徳目朝礼をすると、
成長も格段に早いのです。

14)
このような厳しい時代でも増収増益の会社は多く、
そうした会社様は決まって
人財育成を段階的に実行されています。
業績の悪い会社は、究極「人財」がいないのです。

15)
事例発表も千葉ではT社長に、
尾張はI社長にお願いしました。
まだ慣れておられませんが、突然にしては素晴らしい発表です。
理由は、自分たちが実際にやっているからできるのです。

16)
尾張は企業内教育インストラクター養成コース(TT)を
修了した方々が多く、
A社長など・・・・名指しで講義のネタに使いました。
まさに「上げたり下げたり」の連続です。
しかし、個人名を出す人はひがんだりしません。
既に私との人間関係に信頼関係ができているからです。

17)
やはり、人間関係は大事ですね。
今回は長野中信経営研究会の方々が3名参加されていました。
三人ともすぐに「理念と経営」社内勉強会の開催を決めて下さり、
その場で全社員のお申し込みを頂きました。

7月は長野(松本)で6時間セミナーを開催しますが、
東信経営研究会、南信経営研究会もご協力いただきたく思います。

日曜日は久しぶりに孫と食事しました。
本日からは再び東京、鹿児島と各地を飛び回ります。

18)
最後の質疑応答で質問がありました。
「田舞さんは何故そんなに強いのですか?」という趣旨です。
素直にお答えしました。

「私もしんどいです。投げ出したくなります。ここで一番弱虫です。
 でも、中小企業の活性化のためには
 逃げ出すわけにはいかないのです。
 だからビジョンがいるのです。
 ビジョンがあれば人は強くなれます」

ビジョンが人を育てるのです。
お互いにビジョンを持ちましょう。
10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーでお待ちしています。

10_photo.jpgのサムネール画像
(ビジョン経営沖縄セミナーの開催地周辺)

田舞徳太郎

▼社長塾の動画を公開中

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年3月15日 16:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドラッカー博士の言う「逸失利益と経営理念の関係」」です。

次のブログ記事は「恩を忘れてはいけない(人は育てられたのです)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。