成せばなる成さねばならぬ何事も成らぬは人の成さぬなりけり

| コメント(0)

親愛なる皆様 、お元気ですか。

1)
昨日は山形県の米沢で講演でした。
勉強熱心な県の一つとも思うのですが、
山形はご受講生も多いところです。

2)
20年前の懐かしい方々も見えられ嬉しい限りでした。
特に我々は、こうした方々にお育て頂いたわけです。
参加出来なかった方々にも、携帯電話でつないでもらい、
二つの携帯電話で二人づつ会話しました。

3)
「人生も経営も修行である」がテーマでしたが、
やはり、人生にも経営にも浮き沈みがあります。
古い方々の経営状況を聞くにつけ、
成否に一喜一憂します。

4)
松下幸之助翁の言われる、
「成功の条件」さえわかっていれば失敗はないのですが・・・・
やはり、絶対条件、必要条件、付帯条件は真理ですね。

5)
「田舞さん、あの会社さんうまくいっていないみたいです!」
と言われると、何か自分の力の足りなさを感じます。
日創研を遠のかれているだけに
コミュニケーションが取れずに残念です。

6)
別に日創研は救世主ではありませんが、
学び続ける人とそうでない人の差が必ず出ています。
学び、行動し続けることしか・・・成功はありませんね。

7)
今日の講演は筋書きなしの出たとこ勝負でした。
アメイジング・グレイスを歌う歌手がおられ、
その方が前座を務められたからです。

8)
特にNHKドラマ、
「坂の上の雲」の主題歌を練習されたりしていて、
聞き惚れてしまいました。
歌詞も曲も良いですからね・・・。

「そうだ、日本は、
 明治時代に坂の上の雲(頂上)を目指したのだ!」

私はドラマを思い出してしまい、
何から話していいか筋書きが壊れました。
(私はこういうことに過敏に反応し感傷的になる傾向があります。)

9)
最後の20分は、
昨日送信した「縁ありて花ひらき 恩ありて実を結ぶ」の、
背戸編集長が書かれた二回にわたる感動の短文を引用しました。
三年前の「私はあきらめたことがない」の名文です。

10)
会員企業様で後継問題を抱えている人や、
経営を真剣になさっておられる方々は、
必ず「私はあきらめたことがない」の部分で腕組みをされ、
そして表情を変えます。神妙になられるのです。

11)
ご存じのように、イギリスの経営者と後継者の話ですが、
「月刊・理念と経営」の2006年、2007年に掲載されたものです。
私にとっても衝撃の文章でした。

12)
米沢は上杉鷹山で有名ですが、
「成せばなる成さねばならぬ何事も成らぬは人の成さぬなりけり」
人間はあきらめてはいけませんね!

13)
創業する者と後継する者・・・。
特に創業者は後継させる者でもあるのです。
一行の手紙・「私はあきらめたことがない」
創業者や後継者は次に渡す時、そう言いたいと思います。
私もまったく同じです。

14)
懇親会を開いてディスカッションをしました。
司会は「理念と経営」経営者の会南東北地区会長のI社長様です。
また、遠く3時間もかけて参加下さったS社長様は、
「理念と経営」経営者の会の山形のブロック会長様です。

15)
福島や、長野からも駆けつけて下さり、
会場は満杯で、音響も最高の会場でした。
一番嬉しいのは真剣なまなざしです。
山形の人となりを感じました。

16)
終わってから
起業家養成スクールのA君(福島で創業600年)や、
長野のA社長や、
22TTのA社長ほか数人と赤湯温泉に宿泊でした。
ゆっくり入浴してから田舞通信を打っています。

17)
13日まで自宅には帰れませんが、
今日は数社の会員企業様を訪問して東京に帰ってきました。
早速の経営相談の相手です。

18)

「旅の宿 山頭火の 句に出会い
            放浪の身に 何をか思わん」

「遠くより 駆けつけてくる人 思うれば
            吾が寂しさも いつしか癒えん」

「誰(た)がために 問う人ありて 答えけり
            鐘をならすは 誰がためならん」
                        得山詠歌

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年3月 8日 12:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「景気回復の予兆と可能思考能力(三日間の体験!)」です。

次のブログ記事は「事例で学ぶコア・コンピタンス経営発表大会!(3月20日10時~17時)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。