考える力が芽生え、"一捻り"を披露する社員も出現した(人財育成道具活用術)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか


3月1日より三日間、
「田舞 徳太郎の可能思考研修基礎コース(SA)」が
東京センターで開催されます。
2010年は、
可能思考能力でチャンスをつかむ年だと考えています。
前向きにご派遣やご紹介や再受講をお願いします。
                          田舞徳太郎
▼▼▼▼▼
今日の教訓  
▲▲▲▲▲
「理念と経営・社内勉強会」より
*考える力が芽生え、"一捻り"を披露する社員も出現!

 我が社は、横浜で創業し、62期目を迎えた販売会社です。
 若い優秀な社員がたくさんおり、彼らと理念に沿った経営をして、
 社長を10名創出するというのが私の夢であり、
 その実現に向け勉強会を開催しました。

 当初、「難しい」とか「この漢字何て読むの」など
 問題山積みでしたが、
 終了後には「いろいろな意見があって面白い」という意見が
 多く寄せられ、一安心しました。

 あれから1年、
 普段おとなしい社員が司会者になると上手に仕切ったり、
 一方では経営者の不安や悩みについて取り上げ、
 「社長の考え」を理解してもらいやすくなったりと、
 数々の発見と変化がありました。

 徐々に考える力も芽生え、
 一捻りの考え方を披露する社員も現れました。
 時間に追われ、深く考える機会が少ない日々ですが、
 共通の本を読み、
 共通の課題を真剣に考え、
 理解できるまで読み返し意見を述べることは大切です。

 昨年9月からは「自主参加」に転換し、
 「全員参加の勉強会」の開催が今期の目標です。
                    「月刊・理念と経営」より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●●●今月の質問
「月刊・理念と経営」2月号巻頭対談で、
島津製作所のV字回復の話があります。
これは「遺伝子をオンにした結果」です。
どのような対策が講じられたでしょう?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日の一日
1)
日曜日は箕面の瀧道を歩きました。
原稿を自宅で書いていましたが、
家の中ばかりではなかなか原稿がすすみません。
久しぶりに箕面の瀧を見上げました。

2)
朝から雪で寒い日でしたが、
歩いていると汗が出てきます。
迷いも悩みも吹っ切れるような印象でした。

3)
ある方に、3月から開催される社長塾のお電話をしました。
大病をされて、命の危険にさらされたにも関わらず、
現在は元気に仕事をされています。

4)
私は命にかかわる大病をしていませんが、
人間はいざとなると強いのでしょうね。
一緒に社長塾で学ぶことに決まりました。

5)
社長塾は伊與田覚先生の論語を中心に学びますが、
企業は社長の力量で決まりますから、
相当「人間力」を鍛えなければいけません。

画像 004.jpgのサムネール画像
(社長塾にてご講義される伊與田先生)

6)
「月刊・理念と経営」2月号の
「逆境!その時、経営者は・・・」の、
愛知県の安本さん親子は、
凄い人間力ですね・・・感動しました。

7)
私などは人さまの前では偉そうに言っていますが、
いざとなるとカラッキシ「あかんたれ」です。
大病された?さんや安本親子に対して、
心から敬意を表したい気持ちです。

8)
もちろん、自分に降りかかる火の粉は、
今までの人生で自分の力で振り払ってきました。
そういう気持ちで生きてきましたが、
そうではなく、多くの人のご援助のお陰なのだと、
最近は実感することが多くなりました。社長塾のお陰です。

9)
本気ですれば大抵なことは出来る
本気でしていると誰かが助けてくれる

まさに、人生も経営も修行であり、
本気で取り組んでさえいれば、
誰かが助けてくれるのでしょうね。

今の私は感謝あるのみです。

10)
箕面の瀧道の山茶花は散って、
あと一週間で椿が花を開きそうです。
椿が蕾を出し、早い場所では梅の花も咲いたようです。

梅の花 咲けば春の日 薫りたる
               得山詠句

11)
さて、「月刊・理念と経営」の2月号に紹介されている、
横浜商工株式会社様は、業績も順調なご様子です。
日創研はまだ受けておられませんが、
先方から理念と経営・社内勉強会のお申し込みを頂戴しました。

12)
この会社様は、横浜で創業し、62期目を迎えた販売会社です。
若い優秀な社員がたくさんおられ、
彼らと理念に沿った経営をして、
社長を10名創出するというのが社長の夢であり、
その実現に向け勉強会を開催されたそうです。

13)
当初、「難しい」とか「この漢字何て読むの」など
問題もあったようです。
ところが、終了後には「いろいろな意見があって面白い」
という意見が多く、
社長様は一安心されたと述べておられます。

14)
丁度1年たちますが、
普段おとなしい社員が司会者になると上手に仕切ったり、
一方では経営者の不安や悩みについて取り上げ、
「社長の考え」を理解してもらいやすくなったりと、
数々の発見と変化があったようです。嬉しい限りです。

是非、皆さま方も本気で理念と経営・社内勉強会に
チャレンジください。

田舞徳太郎

▼社長塾の動画を公開中

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年2月 8日 19:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アイディアをビジネスチャンスにする方法!(貧困な発想から脱出しよう)」です。

次のブログ記事は「企業内コーチングが会社を救う(湯ノ口専務理事のメール)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。