経済の見通しと企業経営(可能思考能力が大事な時代です。解決するのです!)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

▼▼▼▼▼
今日の教訓
苦悩されていた?社長から、
「無事解決」のメールが届きました。
これは、東京の経営問答塾での、
「問答」での木野親之先生の指導です。

無事解決どころか副産物までついてくるのです。
やはり、可能思考能力ですね。
解決できると考えて具体的に行動すればできるのです。

問答の折、顔色も悪く、どうなったのか心配でしたが、
わずか10分ほどの経営問答が、
このように数億の問題を解決するのです。

もちろん、まだ100%のことではありませんが、
間違いなく、生成発展です!可能思考教育が大事な所以です。

やはり、学ぶべきです。
下記はその方の一部のメールです。
「副産物ですが・・・
 今まで投資した分の6割は
 補償していただけるようになりました!
 2か月間行動しなかった・・・・私がストッパーでした!
 明確な回答を有難うございました・・・
 今後状況により、??社長に面会が必要なときは
 すぐ連絡をいたします。
                         ??社長様より」

1に可能思考能力、2に可能思考能力、
3、4にトライで、5に成果です。                                                
                            田舞徳太郎
●今日の一日

1)
月曜日に実践後継者育成6か月セミナーを終え、
東京から金沢に来ています。
久し振りに財務を担当しましたが、
キャッシュフロー、バランスシート、損益計算書の三位一体が、
田舞流のTT式財務論です。

2)
さて、世界経済はG20などの数回の会合などを経て、
昨年後半と今年前半に比較し、最悪期は脱け出しつつあります。
しかし、油断はできません。

3)
世界の株価はかなり元に戻りました。
ところが、欧米では雇用環境が悪化をし、
中国に関しても改善は見込めない様子です。

4)
私もスタンフォード大学でマクロ経済を学びましたが、
下手にマクロ経済を学ぶと、心配が続いてしまいます。
エコノミストが相対的に悲観的に見がちなのは宿命でしょうね。

5)
日本の国内総生産は弱含みであり、
以前も書いたように、
二回目の落ちがあるような気配もします。

6)
又、円高が痛いところです。
 1、米財政の悪化
 2、根強い先行き不透明感(日本国内も)
 3、G20において世界経済の共通認識がされたこと

様々に、ドル安原因があります。

7)
日本国内は少しづつ持ち直していますが、
物価の下落基調は厳しい要因ですね。
雇用情勢の悪化と個人消費の関係もきわめて深刻です。

8)
意見は分かれますが、2009年度補正予算の執行停止が、
生産や投資活動に悪影響を与えなければと心配です。

9)
景気予測DIは、少しづつ上向いていますが、
子育て支援も教育ではなく、
貯蓄に回るのではとも思います!

10)
新春経営者セミナー・東京大会のお申込みが増えてきました。
テーマは、「人生も経営も修行である?勇気と挑戦?」ですが、
来年にはピッタリだと思っています。
是非、ご参加の計画を立てて下さい。
正月は正しいことを考え、実践する月です。

IMG_0674.JPGのサムネール画像
(新春経営者セミナー・東京大会2009のセミナー風景)

11)
前号はすべては生成発展の過程にあり・・・・・と述べました。
バブル崩壊後、失望的でしたが多くの企業が最高益を記録し、
土地もかなり上がりました。
それが、リーマンショックで萎えただけと考え、頑張りましょう。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2009年10月21日 14:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「すべては生成発展しているのです!」です。

次のブログ記事は「ケネディ大統領もJCメンバーでした(枚方JCに感謝)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。