全員の総意が必要条件です

| コメント(0)
今日の教訓
▼▼▼▼▼
「加賀屋体験セミナーは大成功でした。
 小田会長のお許しを頂戴しましたので来年も行います。

 参加者全員が感動をしてお帰りになりましたが、
 長子さん、専務、副社長、小田会長、女将、そして施設案内と、
 担当して下さったIさんが
 実に中身の濃い打ち合わせをして下さいました。

 私の講義は、サービス活動の9つの原則です。
 一つが、サービス活動は、
 誰ひとり横を向いても成功しないということです。
 全員の総意が必要条件です。

 加賀屋さんは、第一番から九番まで全員参加で行っています。
 最後の私の講義は、
 加賀屋さんのEthos(エートス)としてまとめました。
 担当者のIさんに、「加賀屋よりも、加賀屋を知っている・・・・」
 という評価を頂きましたが、エートス(加賀屋の魂)まで高めるには、
 並大抵のことではありません。加賀屋へどうぞお越しください!
 顧客満足の現場を体験して下さると日創研の主張が分かります。
                              田舞徳太郎」

IMG_4467.JPG
(小田会長によるご講演風景)

──────────────────────────────
●「月刊・理念と経営」今日の名言
背戸編集長の「縁ありて花ひらき 恩ありて実を結ぶ」は、
色々な格言や詩や小説などの言葉を駆使して、
事例企業や「逆境!その時、経営者は...」などを紹介します。
まさに、「月刊・理念と経営」の案内役をしてくれるエッセーです。
                              田舞徳太郎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今日の13の徳目 <ありがとうの言葉>●
8日 あなたに会えて本当によかった、ありがとう。
   医療法人緑和会 杉山輝久さん
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今週の質問は
「何故、失敗から学ぶよりも成功から学ぶべきなのか?」でした。
田舞の答えは「成功した人から学べ」です。
理由は、失敗した経営者は失敗する原因を持っています。
痛い目にあっても、反省しても、
なかなか本質は変わりにくい傾向があるのです。
成功した人は、安易に成功したのではありません。

 1、逆境を乗り越え、
 2、問題を解決し、
 3、困難をチャンスにしたのです。

「月刊・理念と経営」では、このような考え方をして、
成功企業の事例を毎号掲載しています。
そして、ベンチマークして欲しいと思っています。

●8日より15日までの質問
「貴方の会社では現場の方々が経営者意識をもっていますか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■  今日の印象的なメール

「「理念と経営」経営者の会南九州地区大会(鹿児島ブロック)を
 昨日無事大盛況のもと開催させて頂きました。
 当初300名の動員を目標にしていましたが大変嬉しい誤算で
 目標を大きくこえる約500名の参加者をいただきました。

 今回は非常にタイムリーなことに
 「月刊・理念と経営」の7月号が、
 鹿児島を代表する企業である

 1、東京証券取引所第1部上場
   (鹿児島にはこの2社しかありません)
 2、鹿児島銀行頭取(永田文治様)と
   新日本科学社長(永田良一様)

 巻頭対談であり、また表紙も飾って頂いております。
 そういうご縁もあり頭取にお願いして、

 各支店長様及び本店の主任調査役以上の
 幹部行員25名に出席して頂き、
 我々中小企業の経営者がどういう学びをしているのか、
 またそこで働く社員さん達がどういう勉強会をしているのか、
 少しだけでも理解をして頂けたのではないかと思います。」

●田舞のメールへの感想
「関係各位様に心よりお礼を申し上げます。
 今の厳しい時代に向けて、今後の厳しさを含めて、
 こうしたことが地域の活力を生みだすものと確信しています。
                             田舞徳太郎」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼▼▼ 「月刊・理念と経営」ニュース・7月号▼▼▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「月刊・理念と経営」の購読申し込み http://www.rinen-mg.co.jp/
●「理念と経営」社内勉強会(業績を上げたい方々は是非開催を!)
●「理念と経営」経営者の会(知り合いの社長や幹部を交えて開催!)

▼理念は、
 1、新しいサービスを生みます
 2、新しい技術を生みます
 3、新しい市場を創造し
 4、会社発展の原点です

▼経営は、
 1、顧客の満足を生み
 2、効果的な経営
 3、効率的な経営
 4、業績の向上を実現します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
昨日から福岡の
経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)です。
もう10年以上やっているセミナーですし、
日創研創業の時、最初に行ったセミナーです。

現場が如何にお客様の満足を創りだすかで、
いくつかの事例を話しました。
加賀屋の永年勤続「長子さん」は、
最高のお客様満足を提供されています。

 1、接遇
 2、お料理を運ぶ
 3、部下の指導をする
 4、歌をうたう
 5、お客様と一緒に踊って楽しませる
 6、御部屋の面倒
 7、お見送り
 8、その外すごい動きと気配りです

2)
特に、大会場での食事会の折でした。
彼女の目線は御客様全体を見ています。
誰かが手を挙げると、すぐにそこに飛んで行かれるのです。

私は仕事柄観察者ですから、
この長子さんのひとつの動きにも感動しました。

 1、正確性とホスピタリティー(おもてなし)
 2、笑顔と気働き

現場がきちんと教育されているところは違いますね。

さて、経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)ですが、
以前と比較して本当に変化しました。
講義の趣旨は同じですが、研修の内容は異なります。

すべては進化しなければなりませんが、
今回はご受講生が素晴らしいです。
本当に「御客様に育てられている日創研」という気持ちです。

3)
さて、過日、「理念と経営」経営者の会の、
南九州地区大会が開催されました。
偶然にも、鹿児島銀行の永田頭取と、
同じく鹿児島の上場企業の新日本科学の永田社長です。

500名が集まられて、
熱心に木野親之先生の講演を聞かれ、
経営問答をされたそうですが、正直驚きました。

北九州、近畿、関東、京滋、南四国、北四国、
東海、北海道、中国の各地区も活発でしたが、
今回も、I会長、K実行委員長様にはご苦労をかけましたが、
本当に、地域の方々に少しでもお役に立てて光栄です。

I社長のメール
「今回の「理念と経営」経営者の会の講演テーマは、
 「中小企業受難の時代に松下幸之助ならどう乗り切るのか」
 でした。

 約1時間ご講演頂き、40分の経営問答をして頂きました。
 講演時間が少し短かったような気がしますが、
 経営問答は大変示唆に富んだものになり、
 講演、経営問答を通じて感銘深いものになり、
 松下幸之助翁の人間としての深さ、
 経営者としての偉大さ、
 危機に対しての対処の仕方など
 参加者の皆さんに十分理解、納得して頂けたと思います。」

4)
北部九州地区のOさんや役員さん
東海地区のHさんやK実行委員長
京滋地区のOさんやブロック長
南四国地区のIさんや役員さん
関東地区のYさんや関係者
北四国地区のMさんや多くの関係者
そして、今回のI社長さんには本当に感謝です。

5)
可能思考能力が大事な時代です。
可能思考教育をどんどん導入して、
会社のモティベーションをあげてください。

来年度の方針を練っていますが、
「ありがとう経営の推進と実践」にしたいと思っています。

また、「心に残るありがとう体験談」が、
昨年よりもたくさんのご応募を頂きました。
入賞者の発表と贈賞式を開催します。
ふるってご参加ください。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2009年7月 8日 17:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「顧客満足と差別化されたサービス そしてコア・コンピタンス経営の関係」です。

次のブログ記事は「九代目のつぶやき(実践コースの効果と業績アップ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。