逆境に負けるな!夢は必ず叶うのだ

| コメント(0)
今日の教訓
▼▼▼▼▼

「なお励め 倒れしときも 臥(ふ)すときも
          弥栄(いやさか)むかえん 時のくるらむ
                            得山詠歌」

「人生には良い時もあれば悪い時もあります。
 悪い時こそ、日創研はご支援しなければなりませんが、
 残念ながら今回は力が及びませんでした。
 日創研の代表として忸怩たる思いです。

 しかし、一度破綻した会社が、
 5年後には日創研の研修に返り咲き、
 素晴らしい業績を今もあげている事例をたくさん見ると、
 稚拙な短歌のように弥栄(いやさか)が必ず来るのです。

 一昨日の経営理念塾で、
 中小企業の活性化に殉ずるとお答したばかりでしたから、
 まさに中道に廃した気持ちです。
 でも、次の手は打ってあるようですので、早い回復を祈ります。
 コア・コンピタンス経営、いよいよ今後に不可欠な手法です。
                            田舞徳太郎」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「月刊・理念と経営」今日の名言
我社のとっておきの自慢(政廣仁社長)
「患者さんの喜び、それ以上の感動をつくりたい」
 義歯をつけた患者さんの目から、
 食べられる喜びでこぼれた涙

 人間の尊厳に挑む企業事例をお読みください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 今日の13の徳目●
「今日から7月の13の徳目に入ります。
 7月のテーマは「時間を意識して仕事をしよう」です。
 4ページに月間の目標が追加され、
 いよいよ実用的になってきました。

 *北海道・帯広の?社長が、倫理法人会で自社の朝礼を行い、
  職場の教養とともに、13の徳目朝礼をされたそうです。
  多くの方々から、「これは素晴らしい!」
  というお言葉を頂戴したそうです。
  各地に、「ありがとう経営・増益経営キャンペーン」が
  普及しつつあります。

 習慣化されると、すごい効果です。
 可能思考教育とあわせて最大活用して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●今週の質問
「呼び水という言葉があります。自分で自分を鼓舞して、
 自分自身が呼び水を創り出すことが大事です。
 何故学ぶことにも、
 その外すべての物事に呼び水がいるのでしょうか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■今日の印象的なメール
●心に残るありがとう体験談
「本日社内にて、ありがとう体験談の回収と発表をしました。
 社員全員が体験談を書いてくれて、
 とてもうれしく、そしてワクワクしました。

 まず自分の発表から行い、
 続いて社員さんに発表をしてもらったのですが、
 最後は涙涙で女性の方はほとんど涙していました。

 その後、感動のあまり自分自身の話の進行がうまくできず、
 いつもの遠慮気味の自分が出てしまい、
 みんなの感想を聞くだけになってしまいました。
 少し残念でした。

 でもチャレンジしてよかったです。
 もっともっと社内を活性化させるべく立ち向かい、
 会社を変革してゆきたいと思います。
                 ?社長より」

●田舞のメールへの感想
「チームワークの時代です。
 ドラッカー博士の生誕100年記念の原稿を書き終えましたが、
 リーダーシップ定義に、何事もチームで行えることがあります。

 社長力・管理力・現場力の三位一体と言いながら、
 理屈をいくら知っても意味がありません。
 社長・幹部・現場に「心の壁」があることが、
 チームワークを妨げているのです。

 だからこそ、「心に残るありがとう体験談」の
 発表が大事なのです。
 やってみないと、
 トライしてみないと分からない醍醐味ですね。
                          田舞徳太郎」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼▼▼ 「月刊・理念と経営」ニュース・7月号▼▼▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●古永君のオンリーワン経営
今回はいつも以上に最高に分かりやすい文章です。
特に、我々中小企業がすぐにできるオンリーワン経営であり、
業績を上げる最大の武器です。

オンリーワンを理解すれば、
コア・コンピタンスも分かりやすくなります。
「月刊・理念と経営」7月号も様々な方々にご登場いただき、
心からお礼を申し上げます。

↓↓詳しくはこちらへご連絡を
●「月刊・理念と経営」の購読申し込み
 =>http://www.rinen-mg.co.jp/
●「理念と経営」社内勉強会
 (業績を上げたい方々は是非開催を!)
●「理念と経営」経営者の会
 (知り合いの社長や幹部を交えて開催!)

▼ポイント
経営理念は
 1、新しいサービスを生みます
 2、新しい技術を生みます
 3、新しい市場を創造し
 4、会社発展の原点です

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
一昨日の経営理念塾での懇談は有意義でした。
質疑応答も入り、本音でディスカッションをしました。
第二講から、5名の方々が追加で参加されています。

無題.JPGのサムネール画像
(経営理念塾の講義風景)

2)
昨日はあるご夫婦と懇談しました。
食事をしながら、苦しかった時のことをお聞きしました。
奥様は「倒産するかもしれない!」と思ったそうです。

3)
すでに奥様は日創研の可能思考教育を受けており、
社長が参加しなければ絶対駄目だと思い、
毎日勧められたそうです。やはり、会社はトップ次第です。

4)
この社長は、一気にTTコースまで参加され、
前期の業績も良い状況です。
お店も見学しましたが、なかなかの品ぞろえで、
小売の生命線でもある「品揃え戦略」が
効果を発揮していました。

5)
今日は石川県の羽咋市で講演です。
羽咋青年会議所45周年記念事業ですが、
私の大好きなタイトル「私はあきらめたことがない」です。

6)
この講演のお申し込みのご縁は、
「理念と経営」経営者の会です。
七尾を拠点に企業経営に携わる10名の勉強会に、
青年会議所(JC)や中小企業家同友会の方が
参加されています。

7)
意欲的に活動する若手経営者が集う勉強会で、
「和気藹々としたなかにも真剣に」をモットーに、
発表者一人ひとりの発言を活かすために工夫をしています。

8)
設問用紙に沿って行なうディスカッション方式から、
理念、ビジョン、コア・コンピタンス、人財育成の重要性などを、
繰り返し学んでおられるようです。

9)
元理事長経験者が支部長ですが、
一見、単調に見える勉強会を意味のあるものにして、
おのおのの提言から多くの気づきと、
経営に役立つヒントを引き出しているようです。

10)
私が感動したのは、
勉強会で得た学びを自社に役立てるだけでなく、
同じ悩みをもつ仲間を励ますことで自らも成長できるという、
支部長の考え方です。

11)
「理念と経営」経営者の会は刺激的な人生道場だと
 述べています。
 1、経営幹部に必要な人間力と経営感覚を磨き
 2、あらゆる面から企業を活性化させる
 3、今までにないスタイルの勉強会に
   強い手応えを感じている

12)
明日は、加賀屋さんの体験セミナーです。
はじめて行うセミナーですから、
多少なりとも緊張しています。

13)
お客様が応援して下さるような、
そんな顧客感動を実現できなければ、
これからの企業経営は大きなダメージを受けます。

14)
転ばぬ先の杖です。
日創研は皆さんの現実の職場であり、
勉強は全社員の仕事です。

15)
うっかりミスをなくせば、
それだけでコスト削減になります。
現場が経営者意識をもてば、
さらなる顧客満足経営になるのです。

最後は、人財で決まります。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2009年7月 1日 19:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「憤せざれば啓せず(人間の成長の元でありエネルギーです)」です。

次のブログ記事は「失敗から学ぶべきか?成功から学ぶべきか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。