企業の成功は後継に成功した時に言うべき言葉です!

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

今日の教訓
「6月から実践・後継者育成セミナーが始まります。
 私が担当しますが、
 後継者教育は一番難しい経営課題の一つです。

 企業が何故寿命が短いのか?
 企業の永続を妨げているのは何か?

 まさに「ぐうたら息子にぐうたら娘」しか
 いないということです。
 他人がいるさ!!!
 そういうノー天気な方々がいますが、
 借金を肩代わりしてまで後継する人なら、
 すでに自分で開業します。

 特に、世代交代の時に色々な問題や課題が出てきます。
 30代の青年会議所時代からの
 体験やノウハウがたくさんあります。

 いかに、後継するかは企業の大きな経営課題です。
 日創研も・・・・・一緒です。           田舞徳太郎」

【 4月の質問のお答えです!】
「貴方は何年先まで、
 自分の人生や会社のあるべき姿を描いていますか?」

「田舞さん、会社はおかげ様で
 創業104年目を迎えることができました。

 自分の代で創業100年を迎えたので、
 創業200年を迎えるために
 いま何をするべきか、考え模索し、行動しつつある段階です。
 具体的には、

  1、経営理念の確立
  2、人財の育成
  3、社風を良くする
    学び続ける・変化を恐れない・笑顔・助け合いなど
  4、無借金経営
  5、業界を成長発展させる

 ことを目標にしています。」

田舞のコメント
「ビジョンを描くことは楽しいものですね。
 無借金経営と宣言するとそうなります。
 もちろん、業務純益を出しての無借金が王道です。」

10_photo.jpg
(ビジョン経営沖縄セミナーの会場、万国津梁館)

1)
今日は福岡の音羽さんに寄り、
ご挨拶をして帰阪しました。

今の人生があるのはこのお店のお陰です。
裏のコンクリートのところで、恩人の原口さんに、

「ここで、4、5人に囲まれてイジメに遭いました!」

笑えることが素晴らしいと思いました。

64歳の身には、
可能思考研修基礎コースは骨身にこたえますが、
その「こたえる」ことに直進することが、
我々日創研の誠実さだと思います。
末武講師が本当に成長しました。

TTコースの方々、経営研究会の皆さん応援してくださいね。

帰阪して仕事を済ませ、
最終便で東京に来ています。
新幹線ではデータをまとめたりよく続くと思います。

田舞塾の取材原稿を最終調整しています。
アグリビジネスがテーマですが、
・・・・・農業は「厳しく人間を鍛えます」

2)
さて、日銀短観や、景気の先行指数など、
相変わらずマスコミはネガティブですが、
これくらいが正常なのですよ。今までが異常な状態です。

 1、つくりすぎ
 2、投資のしすぎ
 3、もうけすぎ
 4、お金を追いすぎ
 5、拡大のしすぎ

世界中の企業が、急拡大をした結果です。
「そんなに急いでどこへ行く!」
思わずつぶやきたくなりますね。

GMのワゴナーさんは世界経営者会議で何度か質問しました。
前ポールソン財務長官の話も聞きました。
シティ銀行関係のCEOにも聞きました。

やせても枯れてもものづくりですね。
ワゴナーさんは誠実でした。
僕は好きな経営者の一人です。

残念ながら、若くしてCEOになりますが、
財務出身というところが「今回の事態」を招いたと思います。
ホンダはあくまで技術を追いかけ
トヨタは現場主義に徹しています。
財務でビジネスはできないのですね!

アメリカの国や企業や個人の債務(借金)は、
国内総生産・GDPの3、7倍もあります。
よく、株価があがり、円安になりますね。

経済は生き物です。
悲観的になっていると悪くなるし、
こんなもんだ!と居直ると良くなるものです。


日創研の調査に対して質問が来ますが、
やはり製造業は悪化傾向です。
でも、色々聞き取り調査すると3月で底入れの感があります。

すべては「金融ビックバン」から準備された2009年です。
こうなるように英米が仕組み、
それで儲かり、それで大損失、
マクロ経済は面白いです。

3)
あのリーマンのファルドさんは、
「痛みは一生消えない」と
公聴会で言っておられたようです。

でも、痛みどころじゃすまない人が、
世界中に数十万人か数百万人がいます。
しかし、終わったことですから、目先のことばかり追わず、

 1、信用を貯える
 2、人財を蓄える
 3、新商品を蓄える
 4、永続の要素を蓄える

お金を追う時代ではないのです!

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2009年4月 7日 17:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「信じる者は必ず実現する・47年前の飛行機」です。

次のブログ記事は「成功するには活用能力が試されます(ある誠実な経営者の方のメール)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。