10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナー

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

「尊敬する人が少しでも近くにいることは大事です。
 その香りをかぐだけで、人間は成長すると思います。

 「月刊・理念と経営」4月号の村上先生の
 遺伝子に関する発言は、
 非常に我々凡人を励ましてくれます。

 3月号の巻頭対談は「痛くない注射針」の岡野社長です。
 簡単な事を複雑に考えるのではなく、
 複雑な事を簡単に考える事が大切です。

 景気も少し先が見えてきました。
 アメリカの住宅着工が伸びています。
 我々日本の経営者は、円高ショック、
 オイルショック、バブル崩壊と、
 今まで幾多の試練を乗り越えてきました。

 又、中国の経済対策が
 日本を上回るような考えがあるようですが、
 これは誤解です。日本は、先進七か国(中国含めて)で、
 景気対策投資が一番しっかりしています。

 自動車関連や精密機器や主たる製造業は
 悪戦苦闘していますが、必ず難局を乗り切ります。

 パナソニック(元松下電器産業)の4代目谷井元社長は、
 社長塾でわざわざご挨拶に来ていただきました。

 霊山歴史顕彰会会長をなされていますが、
 製造業は必ず復活すると確信しました。
 人間は危機感を通して成長発展し進化するのです。
 繰り返し申し上げます。
 今年は仕込みと考えればいいのです。
                            田舞徳太郎」

1)
可能思考能力が今ほど求められている時代はないでしょう。
岡山や金沢や東京の方々には、
特別基礎コースでお世話になりました。
福岡では、4月3日から始まりますが楽しみです。

人間が夢を見たり、可能性を見ることが出来るのは、
この可能思考能力の差だと思います。
能力の差ではなく、前向きに解釈する力が大事な時代です。

理念と経営・社内勉強会も、
経営方針が明確な会社とそうでない差がでています。

1は始めるという意味です。
2は重ねると云う意味です。
継続は、6年行う事を指します。
6は続けるという意味なのです。

2)
今日は北海道に来ています。
「月刊・理念と経営」の取材も順調です。
「くちびるに歌を持て 心に太陽を持て」
芥川章作家である小檜山先生に連載していただいています。
背戸編集長の人的ネットワークの深さを感じます。

自分で言うのもおかしいのですが、
感受性が強くて、今でも多感な少年です。
好奇心が有り、疑問があるととことん追求する、夢がある、
そして、感動しやすくて失敗する時もあります。
今日は「感動」を超えて、深く「教育とは何か?」を学びました。

明日は秋田に入り、歴史的な銅山の現場見学です。
廃鉱になりながら、違う観点で復活しています。
そして秋田では記念講演です。
必死に立派な会社にしようと努力されている会社様には、
我々も時間を惜しんで応援します。

徐々に明るいニュースが入っています。
最大はサムライジャパンの優勝です。
情報がすぐに世界中を駆け巡るように、
良いニュースも悪いニュースもすぐに発信され、
それが景気の後退や回復に影響を与えています。

足しにならないようなネガティブな情報は避けて、
良い情報を集める努力をしましょう。

我々日創研は、
悪い情報を徹底して集めてご支援をさせて頂きますが、
前向きな思考回路になるように、
自己をコントロールする事が大事です。

メール
「明日の事は誰も解らない。解るのは今、此処だけ。
 しかし「今・ここ」の、その先も誰も解らない。
 その先の結果は過去の体験、
 経験に裏打ちされた予測だけが頼りです。

 ところが負けぐせの体験が多い人は、
 負け戦の予測が脳裏によぎる。
 だから否定的、マイナス思考、失敗の方程式を頭に描く。
 (つまり、可能思考が欠如するのです)

 これでは『豊かなライフスタイル』を
 手にする事は永遠に出来ません。
 ビジョンとか可能思考能力とは、過去の自分と決別して、
 夢を見ること、幸福を感じている自分を作り出すことです。

 自分の人生ビジョンを実現することに裏打ちされた、
 明確な目標や計画を立てて、
 今日も真実一路を邁進いたしましょう。
                            ?社長様より」

3)
成功発想塾(講師:片方善治先生)がありましたが、
今日はモデレーターの杵渕君に一任で第二講座です。
この研修は、可能思考教育を
よりいっそう効果的にするものです。

IMG_3234.JPG
(片方先生のご講義)

世界的な遺伝子の権威である村上先生は、
「人間の遺伝子のスイッチをオンにする環境をつくれ」と
言われています。

可能思考教育で「企業ぐるみ」で
成功のスイッチをオンしてください。
基礎コースは日創研の原点です。

福岡SA研修が終りますと、すぐに22TTコースです。
企業内教育インストラクター養成コースは
最高に楽しい気分です。
事情はあるでしょうが、学ぶ努力は仕事です。
「22TTコース」にご参加下さい。

メール
「改めて起業家OBの絆を勝手に感じた瞬間でした。
 成功発想塾の第1講を受講し、
 田舞の親父さんがなぜあれほどまでに「学び続けろ」
 と言うのかが分かった気がします。

 次回からは大阪センターでの受講になりますが、
 今後ともご指導の程よろしくお願いします。
                     起業家養成スクール生」

メール
「成功発想塾、予想を上回る満足でしたね。
 発想とかひらめきと呼ばれる思考回路は
 自分の予想以上にシステマチックなんだと知りました。

 早速、片方先生の著書をAmazonで注文しました。
 (凄い量の著作数でビックリです)
 これからの講義がますます楽しみですね。
                        起業家養成スクール生」

「散る雪の 春の訪れ つたえなむ
              君教えしの 生(いのち)味あい」

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2009年3月27日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みそぎと心を洗う」です。

次のブログ記事は「企業の堅実な成長は人と共になければなりません」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。